年会費無料クレジットカードからマイレージまで海外旅行のメリットカードとホテル割引予約情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、楽天カードで2000円、JCBカードなら3000円もらえます


今なら誰でも2000円または

3000円分の加入プレゼントがもらえる

楽天カードとJCBカードキャンペーン



楽天カードは海外旅行傷害保険も最大で2000円まで付帯しているクレジットカードであって、年会費は無料ですので、実際には海外旅行でも結構力を発揮してくれます。また、楽天カードは比較的審査が簡単で申し込んでからカード到着まで特に何もせずに待つだけで終われることなども手伝って、新規カードとしては申込者が多いカードです。


その楽天カードが、申し込みで取得するともれなく2000円分の楽天ポイントがもらえます。これは簡単、単純なキャンペーンですので、これからカードを取りたいときには、また楽天市場を利用する人であれば単に得します。楽天カード新規入会でもれなく2,000ptプレゼントですが、楽天で旅行でも衣料品でも食品でも買いものできてしまいます。ですので、ほぼ現金と同じメリットです。


楽天カードよりメリットが大きいJCBカードとニコスビアソカード

ただ、実際にはさらに上があります。3000円分もらえるキャンペーンです。これもギフトカードですが、利用は自由ですので現金同様です。海外旅行利用を考えるなら、またJCBカードをまだ持っていないなら、現在行われているJCBカード加入で3000円もらえるキャンペーンのほうが圧倒的にメリットは上です。その上、JCBカードも今では年会費無料カードも取得できます。もちろん、すでにJCBカードを所有していればあまりお薦めできませんが、持ってないならこちらから検討するべきです→JCBカードで3000円ゲット


また、実は楽天市場での買い物には楽天カードよりもニコスビアソカードのほうがポイントが溜まるというのも隠れた事実です。ポイント狙いもあるなら、この場合はニコスビアソカードも考えるべきです。ビアソカードは海外旅行傷害保険も2000万円まで自動付帯しています(楽天カードは旅行代金を支払えば保険適用となる条件付帯です)。ただ、これは加入で誰でもいくらかのプレゼントがあるわけではないですが、抽選で10万円があたるキャンペーン中です。



賢い利用方法

以上のように考えると、おそらく楽天カードよりはJCBやニコスビアソカードを取得するほうが得するであろうことは理解できてしまうでしょう。しかし、いまやカードは1枚で終わる時代でもなく、むしろ無料カードはいいところだけでも利用するメリットは大きいです。楽天カードは誰でも2000円のメリットはまずあります。そして、楽天カードのいいところは取得した後で管理がネットだけで楽だったり、無料の割には海外旅行保険が2000万円まであることでしょう。

メリットだけ考えれば、今はJCBカードがやはり先ともいえます。3000円と任天堂Wiiですので大きいです。ただ、海外旅行ファンであるなら、ニコスビアソカードとJCBカード(一番人気は実質年会費無料で脅威のメリットがあるJCBビアッジョカード)の両方を持つことが安定的な人気です。

では、楽天カードは?これはメリットで言えば、2000円もらえることに尽きます。加入しただけで得ですので、数枚カードを持つことが心理的に面倒でなければ取得して損しません。






   

三井住友VISAカードの海外旅行メリットを考える


三井住友ビザカードは、日本にクレジットカードが誕生したときからの老舗としてこの業界を引っ張ってきた大ブランドカードです。今でこそ、クレジットカードは乱立し多くなりましたが、かつてはこの三井住友VISA(かつては住友VISA)以外では、アメリカンエキスプレスとJCBカードが相並ぶ程度で、そのほかにはクレジットカード会社すらありませんでした。ですので、この三井住友VISAカードを持つということは、王道を行くブランドのクレジットカードを持つということになります。

一言でいって、三井住友VISAカードが他のカードよりよほど優れている点というのは、海外旅行でのメリットだけに注目しないとしても、ほとんど今では見つかりません。他よりはるかに優れている点はないです。年会費無料であれば、ニコスビアソやJCBビアッジョなどのほうがやはり海外旅行でも国内での買い物でもはるかにメリットはあると思われますし、年会費がかかるゴールドカードなどでも、特に特典が豊富なわけでもありません。

ではなぜ三井住友VISAカードを取得するのでしょうか。
それは一言でやはりブランドを手に入れるという意味でもっている人が多いでしょう。


クレジットカードの発行に必要な審査などでも、三井住友VISAカードは審査通過が厳しいカードといわれており、案外アルバイトやフリーターでも審査が通過する人気のニコスビアソカードやアコムマスターカード、それに楽天カードなどに比べてみるとはるかに審査は厳しい結果になります。

そこを知りつつ三井住友VISAカードを取得することもやはりブランドのあるカードを持つという意味にもなるのでしょう。ですので、もしこのブランドという意味合いに興味がなければ、他にはるかにメリットもあり年会費も無料であったりそのうえ審査も通過しやすい上記のニコスビアソカードJCBビアッジョカードJCBタイプセレクトカード、または楽天カードなどを取得して海外旅行で利用することは当然の帰結ともいえます。



以上が総括的な考え方です。海外旅行でのメリットを先に考えるカードとはいいにくいですが、やはりブランド力は持っている人の心を潤します。カードには下記の通りバリエーションがありますので、この中から気に入ったカードを探してみるといいでしょう。


■特徴としては、ほとんどのカードに海外旅行傷害保険やショッピングプロテクション機能がついています。年会費はオンラインで申込みするとほとんどが初年度無料となります。また、基本サービスとして世界55カ国でのトラベルデスクがあり、日本語対応でのたびのサポートもあります。各カードにポイントサービスは当然ついていますので、買い物でたまったポイントはさまざまなものに交換可能です。


■三井住友VISAクラシックカード
一般的に最も親しまれているベーシックカードです

■三井住友VISAクラシックカード(学生)
学生であればこちらから始めると条件メリットも大きいです

■三井住友VISAアミティエカード
特に女性にお薦めしたいカードです。海外旅行などでも役立ちます

■三井住友VISAアミティエカード(学生)
学生であれば女性はここから始めるのもいい選択です

■三井住友VISAゴールドカード
ゴールドはステータス感が大きいのも三井住友VISAカードの特徴です

■三井住友VISAヤングゴールドカード20s
若者向けのゴールドカードです。同様にCITIカードの学生カードも人気です

■三井住友VISAエグゼクティブカード
若い社会人に絶大な人気を得ているカードです。特典も充実しています

三井住友カードのバリエーションと詳細申し込み案内
三井住友カード一覧はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。