クレジットカード全般

ここでは、「クレジットカード全般」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年会費無料で海外旅行傷害保険付きエキサイトカード


オリコカードやニコスカードは、年会費無料で海外旅行傷害保険付きのカードで業績を伸ばしていますが、そのオリコカードの提携カードもありながら、オリジナルなカードでも人気なのがExciteカードです。


オリコ同様、海外旅行傷害保険も付いています。それと、カードデザインが若者向けで、フレッシュです。こちらのカードでも海外旅行では十分役立ちます。





人気ブログランキングへ

昭和シェル石油 シェルスターレックスカード


今日は、海外旅行のクレジットカードではないですが、車に乗る人にはお得なカードですので、一応国内旅行では利用できます。実際にもしガソリンを入れるという日々の出費があるなら取得しておくと、使うほどにガソリンも安くなり、メリットを得られます。


そのカードはシェル スターレックスカードです。近くにシェルのガソリンスタンドがあるなら、年会費は初年度無料ですので、取得してしまうといいでしょう。年間に20万円以上使うと次年度以降も年会費は無料になりますので、おそらくガソリン入れたりしているうちに無料ゾーンに到達します。





人気ブログランキングへ

ヴァケーションカード(バケーションカード)は海外旅行目的のカード


セントラルファイナンスで出しているバケーションカードというクレジットカードがあります。これは年会費は初年度だけ無料になりますが、次年度からは5万円以上の買い物利用がないときだけ、1312円の年会費がかかります。使っていると年会費は無料カードと同じことです。


このカードのメリットはやはり海外旅行にターゲットを絞ったことです。


初年度無料、ショッピング利用5万円以上で翌年度も無料
最高2,000万円補償の海外旅行保険:持っているだけで自動付帯

国内旅行保険:死亡・後遺傷害保険1,000万円※カード利用が必要

年間上限150万円補償のショッピング保険(海外・国内):90日間補償(免責3,000円)

貯まりやすいポイント制度「ワンダフルプレゼント21」

旅行商品の割引特典:AVIS「円建てウルトラパック」12%OFF、クルーズ単体商品(コスタクルーズ、ホランドクルーズ、ウィンドスタークルーズ)3%OFF

CF優待割引サービス(海外、国内)

CFクラブオフ優待割引

とくとくハワイ優待ガイド:ハワイのショップ、レストラン等優待店は110店舗以上

成田空港民間パーキング割引:成田空港の民間駐車場4ヶ所が優待価格

海外・国内パッケージツアーが3~5%OFF

CFワールドデスク:世界16カ国18都市で日本語対応

マツダレンタカーキャンペーン:全国のマツダレンタカーが最大30%OFF

電子マネーEdy機能付き


以上が主な特徴ですが、詳しくはバケーションカードのサイトから見てください。





人気ブログランキングへ

JALマイレージとジャルの旅の基本カード、JALカード


日本航空JALでの旅を頻繁になさる方は、さすがにこのカードは持っているほうが得です。マイルが貯まることと、各種のサービスがメリットが多いです。


JALは熱烈なファンが多いのが特徴です。マイルだけならば、スターアライアンス系のマイレージの方がカード利用でもためる方法は多いのですが、JALはそれでも利用者の多くが「好きだ」という理由で、JALを利用しているのも事実です。国際線では特にJALは変わらぬブランドです。


ジャルカードには今は2種類あります。JALカード本体と、ニコス提携のJALカードです。どちらも良いカードですので問題ないですが、ニコスの方が審査などは楽かもしれません。あくまで口コミです。


ニコス:家族のマイルをあわせて使えるJALカード

JAL:マイルがたまるJALカード





人気ブログランキングへ

SBIカードはカードを持たない家族でも海外旅行傷害保険が適用になる優れもの


SBIカードは、最近はすでにメジャーなブランドへと成長した感があります。 実際に大手のカードブランドであることに変わりはないですが、登場した数年前に比べるとすでにメンバーの数も多く、満足感の高い良いクレジットカードになりました。


このSBIカードですが、非常に海外旅行にも強いです。 保険がカードを持っていない家族でも適用されますので、万一家族の保険加入を忘れていても、その万一が起きません。もちろん、経済的な旅ができるわけですので、旅行族にはメリットです。そして、ゴールドやプラチナカードも、年会費も安めでありながら、保険額も大きく、その他のメリットも素晴らしいです。


SBIカードはやはり旅行時は持ってい損しないカードです。


SBIレギュラーカード
SBIゴールドカード
SBIプラチナカード





人気ブログランキングへ

ニコスプレミオカード Nicos Premio Card は年会費も安く海外旅行でも力を発揮


ニコスでは、年会費無料カードであるNICOS VIASOカードが今は人気を得ていますが、同じように年会費を安くして大ヒットしているゴールドカードがあります。


年会費が3150円という安いコストで、その上家族カードが無料というNICOS PREMIO(プレミオ)です。このカードの優れたところは、カードに付帯する海外旅行傷害保険が3000万円までと高額になるにもかかわらず、年会費も安く、その上家族カードが無料ですので、結局は家族の分まで考えると相当安くあがるゴールドカードとなります。それで上級の保障もつくわけですので、海外旅行ファンにはやはりメリットは大きいです。


ニコスは今では日本で有数の人気クレジットカードとなりましたが、発行の審査も早めで、それでいてよほど銀行系のカード(たとえば三井住友VISAなど)よりは、審査で落とされることもないです。逆にいえば、そちらの銀行カードの方がよほど審査が無意味に厳しいような気もします。


ニコスは良いカードであるうえ、多くの人が利用できる環境がありますので、迷ったときはニコスのカードを申込みたいですね。いいカードです。





人気ブログランキングへ

DCカードJizileジザイルは年会費無料のDCカードです。初年度無料はよくあるけれど、DCカードJizileなら永久無料という宣伝文句ですが、それでも最近は多くの年会費無料カードも出てきましたので、DCカードファンでなければ選択肢は他にも多いです。


ただ、DCカードはご存知のとおり三菱東京UFJ系の銀行のクレジットカードというイメージも強いですので、その安定した人気はやはり安心感がもたらすものです。


年会費はかかりますが、海外旅行傷害保険2000万円まで付くDCカードもありますので、旅行ファンならこちらのほうがいいでしょう。


なにせ、年会費無料でも今では海外旅行傷害保険が2000万円まで付帯しているカードが出ている時代です(リストはこちらで見れます)。やはり様々な情報を整理してみておくほうがメリットあるカード選びは出来そうです。





人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。