海外旅行傷害保険付きのカードを年会費無料で取得する

ここでは、「海外旅行傷害保険付きのカードを年会費無料で取得する」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行傷害保険付きのカードを年会費無料で取得する


年会費無料でのクレジットカードで海外旅行傷害保険付きのものを取得する場合の説明は、こちらのページにも書きました。しかし、そのほかにも様々なカードがありますので、年会費無料で海外旅行傷害保険付きのカードをリストにしておきます。

前述のとおり、推薦はオリコアプティ、ニコスビアソ、SBIレギュラーカードですが、注目度と利用度ではライフ楽天カードが凄い人気です。


オリコUPty-iD


NICOS VIASOカード


SBIレギュラーカード

ライフカード・旅行傷害保険付
(初年度のみ年会費無料、しかしマイレージ機能が凄い→参照

天カード


楽天カードは加入するだけで楽天の買い物ポイントが2000円分すぐにもらえます。オンライン申請で加入できます。海外旅行傷害保険に関しては上記カードは全て年会費無料(ライフだけは初年度無料)でありながら、最大2000万円までの保険が付帯しています。

保険以外のメリットを考えて、どれにするか決めるのもいいでしょう。
純粋に人気だけを取るなら、ニコス、オリコ、ライフなどでしょう。入会ポイントで圧倒的に支持されている楽天は、隠れた海外旅行でのメリットカードです。また、SBIは旅行代金を支払った場合に、保険適用となる条件付帯ですので注意しましょう。ただ、SBIの凄さは、本人がカードを持っていれば、家族にも(家族がカードを持っていなくとも)海外旅行傷害保険が適用されるということです(限度額は異なります)。

それぞれにメリットはありますので、自分に合ったものを選べばいいでしょう。
年会費無料ですので、メリットを考えると2枚から3枚程度持っていて、使い分けるのもいい方法です。

たとえば、オリコカードで出発して保険適用としておき、現地についてから旅行の費用の何かをSBIカードかなど他のカードで支払うと、その支払った時点からさらに3ヶ月の保険期間となります。つまり、1枚のカードですと通常3ヶ月の保険期間ですが、2枚以上あると、利用した日からさらに新たなカードで保険適用となるわけです。
*これは一般的な情報ですので、利用する際はカード会社に確認ください。おそらくは、現地で支払い後にも保険開始となるカードは多いはずです。特に、SBIのように旅行代金を支払うことを前提としている以上、支払いが現地であってもそこから適用となるという一般情報です。




人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。