年会費無料クレジットカードからマイレージまで海外旅行のメリットカードとホテル割引予約情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ジャルカード JAL CARD マイレージカードを利用する



JALカードは当たり前のことですが、JALのマイレージを貯めるときに役立つカードです。なので、JALで旅をするケースが多いなら当然持っていたいカードとなります。そこまでは理解しやすいのですが、問題はこのJALカードは提携カードも含めて種類が結構多いのです。そのため、取得するカードをどれにするかでマイルのたまり方も変わります。悪いカードはまずないです。しかし、少しでも自分の生活スタイルにあったカードを選ぶほうがやはりマイル効果が上がります。

マイレージカードの基本まず、一般的なマイレージカードの内容を確認したい場合は、こちらをご覧ください。ここでは、マイルカードを取る時の基本的な注意点などをレポートしています。

JALマイレージを貯めるクレジットカードの一覧
おなじく、もしJALマイレージを貯めるためにショッピングなどでもマイルを貯めたい場合、実は選択肢はJALカードだけではありません。買い物で貯まるマイルは、JALカードがナンバーワンではなくなることも起きるのです。JALマイルを貯めるために利用されている人気のクレジットカードはこちらをご覧ください。

以上を前提にこのJALカードのメリットをレポートしたいと思います。つまり、JALカードはJALマイルのトップカードとは限らないこともありえること、そして、マイルメリット以外にもJALカードを利用する理由があるので、それを整理しておくと数多い種類が出ているJALカードの便利さや利用方法がわかりやすくなるでしょう。






JALカードの根幹となる選択肢は大きく分けて4つです

1)レギュラーカード(一般カード)
2)CLUB-Aカード
3)CLUB-Aゴールドカード
4)JALダイナースカード


この4種類のカードにそれぞれ提携カードが出てきます。それが非常に複雑です。
JALダイナースカードには新たな提携はありませんが、1~3番までのカードには、それぞれ次の提携カードがあります。これらからどの組み合わせを選ぶかとなります。詳しい説明はJALカードのホームぺージ(JALカード)を見るほうがわかりやすいでしょうから、そちらで確認ください。ここでは、それぞれの特性について詳細を加えます。

●OPクレジットJCB
●ビュースカイJCB
●JCB
●DC VISA
●DC MASTER


これらのカードの共通特性は次のとおりです


●海外・国内旅行傷害保険付帯
●ショッピング保険
●搭乗でのボーナスマイル
JALグループ利用で10%または25%ボーナス
●入会後初搭乗ボーナス
入会後の初搭乗で1,000マイルまたは5,000マイルプレゼント
●年次初回搭乗ボーナス
1,000マイルまたは2,000マイルプレゼント
●ショッピングマイルプレミアム(ただし年間参加費2,100円がかかります*CLUB-Aゴールド、ダイナースは参加費無料)
通常買い物利用100円で1マイル。JALカード特約店でで100円で2マイルもらえます。
●JALカード家族マイル合算制度
家族会員とのマイルを合算して使用することが可能
● ツアープレミアム(ただし登録料が1年2100円かかります)
JALエコノミー正規割引運賃、パッケージツアーの団体包括旅行割引運賃、または格安航空券であってもマイル100%をもらえるようになります
● JAL機内販売と空港売店のBLUE SKYそれにJALホテルズが10%割引になります
●スカイメイトサービスも利用可能です(学生カードのみとなります)


以上が基本特典です。
加えてカードによりさらに細かな特典が加わります。

●CLUB-A・CLUB-Aゴールド・ダイナースに付帯する特典
JAL国際線でのエグゼクティブクラス・チェックイン
JALオリジナルカレンダーと会員誌「アゴラ」
JALホテルズでチェックインとレイトチェックアウト時間の優遇・レストラン5%ディスカウント


●CLUB-Aゴールド・ダイナースに付帯する特典
海外航空便遅延お見舞金制度
*欠航および4時間以上の遅延に見舞金
最高1億円までのゴルファー保険
ゴールドデスク」&空港ラウンジ利用


まだサービスが加わるのですが、それがJCBやDC、ダイナースなどのカード会社がそれぞれに提供するサービスが加わることになります。ここまで来ると、おそらくどれにしていいか誰でも迷います。なので、JALカードは決めるまでが大変です。

一般的な情報整理の意味で「こんな決め方がいいでしょう」という判断材料としては次のとおりです。

1)海外旅行傷害保険金額
レギュラーカードは1000万円までですので割りと少ないです。それ以外は高額保険です。
2)マイルの買い物ポイントは全部同じで100円で2マイル最大です。通常は100円1マイル
3)年会費が大幅に異なります
レギュラーカード:初年度無料で2年目から2100円
CLUB-Aカード: 10500円
CLUB-Aゴールドカード: 16800円
JALダイナース: 23100円
4)入会ボーナスマイルが一般レギュラーカードだけ1000マイルで、他は5000マイル
5)毎年の初乗りサービスマイルがレギュラーカードだけ1000マイルで、他は2000マイル
6)ショッピングプレミアム参加料金(2100円)が、CLUB-Aゴールド、ダイナースは参加費無料
7)ツアープレミアム(有料2100円/年)に加入後、搭乗で貯まるマイルは一般レギュラーカードが10%ボーナス、それ以外が25%ボーナス


以上が大きな判断ポイントともなるでしょう。

JR提携JAL-JCBカード
もうひとつの情報としては、これにJCB提携のJRビューカード機能がついているカードについてです。これはJCBカードですので、割と国際機能としてはVISAやMASTERには加盟店数で負けることもあるのですが、国内での利用に限っては便利です。そしてJR利用者としては非常にマイルが貯まるので隠れた愛好家が多いです。JRをしばしば利用する人にはJCB提携のJALカードは利用しやすいでしょう。さらに言えば、JCB提携となるとJCBカードの基本機能がすべて付帯します。これは実は海外旅行では巨大な威力を発揮します。JCBカードを持っていない人は、このJALカードであろうとなかろうとJCBカードは持っているほうが海外旅行にはメリットは計り知れないくらい大きいです→JCBカード基本機能の詳しくはこちらを

JALカードのさらなる詳細と申込みはJALカードウェブサイトでJALカード









マイルカードとしての機能性

さて、もう一度確認ですが、JALカードはもちろんJALマイレージを貯めるカードとして有力ですが、買い物マイルで貯めるカードとしてはナンバーワンではありません。フライトで貯めるとすれば、ボーナスマイルもありメリットはあるでしょう。しかし、JALカードは買い物では最大で通常100円で1マイルです。それがUFJニコスの1000円で通常最大15マイルや誕生月には最大25マイルなどのたまり方を考えるとやはりJALカードは通常の生活でマイルを貯めるカードとしては残念ならが1位にはなれません。

JALカードのマイル収集の使い方

以上のような理由から、JALカードは搭乗でマイルを貯める、そして買い物でJALマイルを貯めるなら他にマイルメリットの高いクレジットカードをもう一枚持っておく、などの利用方法がマイル族には人気となっています。そうすれば、ショッピングプレミアムなどの参加も不要ということです。
買い物マイルに関しての詳細はこちらのページをご覧ください




スポンサーサイト
今、楽天カードで2000円、JCBカードなら3000円もらえます


今なら誰でも2000円または

3000円分の加入プレゼントがもらえる

楽天カードとJCBカードキャンペーン



楽天カードは海外旅行傷害保険も最大で2000円まで付帯しているクレジットカードであって、年会費は無料ですので、実際には海外旅行でも結構力を発揮してくれます。また、楽天カードは比較的審査が簡単で申し込んでからカード到着まで特に何もせずに待つだけで終われることなども手伝って、新規カードとしては申込者が多いカードです。


その楽天カードが、申し込みで取得するともれなく2000円分の楽天ポイントがもらえます。これは簡単、単純なキャンペーンですので、これからカードを取りたいときには、また楽天市場を利用する人であれば単に得します。楽天カード新規入会でもれなく2,000ptプレゼントですが、楽天で旅行でも衣料品でも食品でも買いものできてしまいます。ですので、ほぼ現金と同じメリットです。


楽天カードよりメリットが大きいJCBカードとニコスビアソカード

ただ、実際にはさらに上があります。3000円分もらえるキャンペーンです。これもギフトカードですが、利用は自由ですので現金同様です。海外旅行利用を考えるなら、またJCBカードをまだ持っていないなら、現在行われているJCBカード加入で3000円もらえるキャンペーンのほうが圧倒的にメリットは上です。その上、JCBカードも今では年会費無料カードも取得できます。もちろん、すでにJCBカードを所有していればあまりお薦めできませんが、持ってないならこちらから検討するべきです→JCBカードで3000円ゲット


また、実は楽天市場での買い物には楽天カードよりもニコスビアソカードのほうがポイントが溜まるというのも隠れた事実です。ポイント狙いもあるなら、この場合はニコスビアソカードも考えるべきです。ビアソカードは海外旅行傷害保険も2000万円まで自動付帯しています(楽天カードは旅行代金を支払えば保険適用となる条件付帯です)。ただ、これは加入で誰でもいくらかのプレゼントがあるわけではないですが、抽選で10万円があたるキャンペーン中です。



賢い利用方法

以上のように考えると、おそらく楽天カードよりはJCBやニコスビアソカードを取得するほうが得するであろうことは理解できてしまうでしょう。しかし、いまやカードは1枚で終わる時代でもなく、むしろ無料カードはいいところだけでも利用するメリットは大きいです。楽天カードは誰でも2000円のメリットはまずあります。そして、楽天カードのいいところは取得した後で管理がネットだけで楽だったり、無料の割には海外旅行保険が2000万円まであることでしょう。

メリットだけ考えれば、今はJCBカードがやはり先ともいえます。3000円と任天堂Wiiですので大きいです。ただ、海外旅行ファンであるなら、ニコスビアソカードとJCBカード(一番人気は実質年会費無料で脅威のメリットがあるJCBビアッジョカード)の両方を持つことが安定的な人気です。

では、楽天カードは?これはメリットで言えば、2000円もらえることに尽きます。加入しただけで得ですので、数枚カードを持つことが心理的に面倒でなければ取得して損しません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。