年会費無料クレジットカードからマイレージまで海外旅行のメリットカードとホテル割引予約情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノースウエスト・ワールドパークスでマイルを貯めるクレジットカード


まず、マイレージを貯めるクレジットカードをどれにするか迷っている場合は、こちらのページからご覧ください。もし、ノースウエスト航空を利用することが多いためにノースウエスト航空のマイレージを貯めたいということであれば、ここでご紹介する方法を是非ご参考にしてください。

ノースウエスト航空は先日デルタ航空との合併が発表されました。ですので、2008年末にはノースウエスト航空は社名がなくなり、デルタ航空として統一される予定です。ですので、その場合はノースウエストマイレージもデルタ航空マイレージに変更になると思いますが、あくまで常識的にはノースウエストでそれまでに取得したマイルはそのままデルタ航空のマイルとして引き継がれるものと予想されます。今のところ、予想としては大きな変更はないと思われますので、ここでノースウエストのマイレージのためのクレジットカードを取得しても合併時に変更されるため問題はないと思います。

ノースウエスト航空でマイルを貯める方法の基礎知識

ノースウエスト航空はおそらく日本人にはユナイテッド航空とともに、最も親しみのあるアメリカ系航空会社でしょう。乗り入れ本数も多く、ハワイやグアムなどのボリュームゾーンはムラなく飛んでいますので、さすがに強いです。ですが、そのノースウエストでもカバーしていないエリアは世界にはいくらでもあります。それでも、ノースウエストのマイル収集を行うとスカイチームというエアライン提携により、この提携会社を利用してもノースウエストに搭乗マイルを貯めることができます。下記の通り、世界中様々な航空会社を利用してもNWA(ノースウエスト)のマイルを貯めることが出来ます。

スカイチーム提携会社:
デルタ航空、ノースウェスト航空、コンチネンタル航空、大韓航空、中国南方航空、アエロメヒコ航空、コパ航空、エールフランス航空、KLM オランダ航空、アリタリア航空、アエロフロート・ロシア航空、チェコ航空、エア・ヨーロッパ、ケニヤ航空、ミドル・イースト航空


買い物やポイントを集めて搭乗以外でマイルをためるクレジットカード

このフライト以外でもマイルを貯めるということが、実際にはマイル収集に大きなメリットがあるのです。そのために、今では多くの人がクレジットカードを利用して大量のマイルを貯める「陸マイラー」という人まで登場しているほどです。もちろん違反行為ではありませんので、貯まるなら使わないとむしろ損ですね。次にNWAのマイルを貯めるクレジットカードを案内します。

比較・選択のポイントとしては、買い物でたまるマイルはすべて100円で1マイルです。なので、ショッピングでは差が出ません。とすれば、問題は年会費、海外旅行傷害保険、ボーナスマイル、などの付属要素でどれが一番自分に向いているか、またはメリットがあるか、という判断になると思います。NWAの提携カードはすべて人気が高いカード「シティやダイナース」ですので、好みでブランドを決める人も実際にはかなりいます。それでももちろん問題はありません。

1)ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISA カード




一般カード(クラシックカード)基本情報:
*下記情報は一般時の情報です。しばしばキャンペーンで初年度年会費無料やボーナスマイルなどが変わりますので詳しくは各カードのサイトをご覧ください。

年会費:10500円(家族5250円)
買い物マイル蓄積率:100円で1マイル
海外旅行傷害保険:5000万円まで付帯
国内旅行傷害保険:5000万円まで付帯
入会ボーナス:2000マイル
ファーストフラントボーナス:2000マイル
*入会後6ヶ月以内の日本発着往復券にてNW航空便利用時

2)ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAゴールドカード




ゴールドカード基本情報:
*下記情報は一般時の情報です。しばしばキャンペーンで初年度年会費無料やボーナスマイルなどが変わりますので詳しくは各カードのサイトをご覧ください。

年会費:18900円(家族9450円)
買い物マイル蓄積率:100円で1マイル
海外旅行傷害保険:1億円まで付帯
国内旅行傷害保険:1億円まで付帯
入会ボーナス:5000マイル
ファーストフラントボーナス:5000マイル
*入会後6ヶ月以内の日本発着往復券にてNW航空便利用時


3)ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード





*下記情報は一般時の情報です。しばしばキャンペーンで初年度年会費無料やボーナスマイルなどが変わりますので詳しくは各カードのサイトをご覧ください。

年会費:22500円(家族9450円)
買い物マイル蓄積率:100円で1マイル
海外旅行傷害保険:1億円まで付帯
国内旅行傷害保険:1億円まで付帯
入会ボーナス:5000マイル
ファーストフラントボーナス:5000マイル
*入会後6ヶ月以内の日本発着往復券にてNW航空便利用時

<上記のカードを選ぶときの簡単なポイント>

以上が現在利用できる人気と実力のノースウエスト航空マイル提携カードです。
この中でもっとも利用しやすいとなると、シティカードのクラシックカードでしょう。海外旅行傷害保険額が大きいです。

ダイナースはご存知のとおり、ステータスカードのトップレベルですのでおそらくマイルだけの目的で加入する方も少ないかもしれません。ダイナースは、むしろダイナースブランドをお好みであって、その上、ノースウエストを利用する方に最適なカードという位置づけが適当かもしれません。




スポンサーサイト



大好評キャンペーン・ノースウエストJCBワールドパークスカード


もし海外旅行でノースウエスト航空を利用していて、その上、クレジットカードを取得したい場合。また、特にJCBカードを利用したい場合は、今大ヒット中のキャンペーンがありますので、お知らせします。

<キャンペーン概要>

キャンペーン期間:2008年8月25日(月)ご入会分まで(カード発行分)
*過去もしくは現在、「NWA/JCBワールドパークスカード」にご入会済の方は本キャンペーンの対象となりません。
*ウェブサイトから申込みの場合に限り有効のキャンペーンです

●初年度年会費が割引または無料となります
●最大12000マイルのボーナスマイルがもらえます


特にマイルボーナスが出ている時期はやはりねらい目です。もしカード加入するならこのような時期を狙うほうがメリットが倍化するのは当然ですが、また審査などもキャンペーン期間のほうがよりスムーズで楽になる傾向があるとも言われています。


加入後のその他のメリット

●カード取得後は、ノースウエスト航空をはじめ、スカイチーム加盟航空会社、その他のワールドパークス提携航空会社のフライトを利用するびに飛行マイルを加算。合計15,000マイルを超えると特典航空券(往復)と交換できます。
※スカイチームは、アエロフロート・ロシア航空、アエロメヒコ航空、エールフランス航空、アリタリア航空、中国南方航空、コンチネンタル航空、チェコ航空、デルタ航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ノースウエスト航空の全11社からなる航空アライアンスです。

毎日のショッピングなどの利用でも金額に応じてマイルを獲得。NWA/JCBワールドパークスカードで支払うだけで、利用代金に応じてワールドパークス・マイルが加算。

●「ダイニング・フォー・マイルズ」にご登録いただくと、加盟レストランでのNWA/JCBワールドパークスカードのご利用金額100円ごとに最高5ワールドパークス・マイルを追加獲得できます。サービス利用のむねを店員やカスタマーサービスなどにご連絡いただく必要は一切ありません。もちろんショッピングマイルも通常どおり加算されます。

●海外旅行の際に、最高1億円(一般カードは最高5,000万円、テイクオフカードは最高2,000万円)の旅行傷害保険が自動付帯。万一の事故をはじめ、病気、ケガ、携行品の盗難などが保証されます。自動付帯ですので、事前の届け出など、面倒な手続きはいっさい必要ありません。


その他JCBカードのサービスが基本付帯します

●海外にてJCBカードで購入された物品の、偶然の事故による破損や盗難などの損害が発生した場合、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高100万円まで補償いたします。(1事故につき自己負担額1万円) ※ 使用されたカードにより補償額が異なる場合がございます。
※ JCBザ・クラス、ゴールド、ネクサス、グランデ会員の方には、それぞれのカードに付帯している保険が適用されます。
※ ビジネスカード会員の方には、「ショッピングガード保険」は付帯されませんのであらかじめご了承ください。
※ 一部の商品および配送中の事故は補償の対象となりません。

●海外での不慮の事故やケガ、病気でお困りの際に、世界中どこからでもお電話ください。折り返しのお電話にて日本人医師または看護師による医療相談が日本語で受けられます。(24時間・年中無休)

●JCBおすすめの海外加盟店を地域別にご紹介したマップ付きのオリジナルガイドブック。掲載店へ提示してJCBカードでお支払いいただくだけで優待サービスも受けられます。 ※ 一部、優待サービスがない地域もございます。

●JCBプラザは、世界主要都市に広がるJCB会員様専用の海外サービスラウンジ。現地在住のJCBプラザ専任スタッフが日本語で案内中です。※ ご来店・お電話の際にはJCBカードをご用意ください。

<主なサービス>
★ 下記のほか、各JCBプラザでオリジナルサービスもご用意しております。
・ ご案内:加盟店情報、カードに関する案内、海外キャッシングサービスなど
・ ご予約:ホテル、レストラン、オプショナルツアー、各種チケットなど
・ 緊急サービス/ カードの紛失・盗難時のサポート、海外専用緊急再発行カードの手配
(JCBプラザ・北京、上海では扱いなし)
・ その他/日本語新聞・書物の閲覧、ドリンクサービス


さらに詳しい情報と申込みはウェブサイト「ノースウエスト+JCB」からご覧ください。

*JCBカードは、JCBサイトとさくらカードサイトから申込みできますがさくらカードサイトから申込みするほうがプレゼントや特典が多いですのでお得です。このNWA/JCBカードは、ここから申込んでもJCBカードサイトに出ますが、さくらカードの特典も受けられます。


*同じJCBカードで海外旅行に強いカードとしてJCBビアッジョカードも今好評です。JCBで比較される際は参考にしてください。


クレジットカードの審査に関してご心配のかたも多いかもしれません。ここでは一般的な審査の方法や基準について簡単にご紹介します。

審査方法はさまざまであり、カード会社により様々な方法で審査しています。ですので、一概にどういう方が通りやすく、またはカード発行が厳しいか、ということはいいにくいです。しかし、概要では傾向もつかむことができます。その傾向についてレポートします。

クレジットカード会社による審査の厳しさ

クレジットカードは現在多種多様な会社により発行されています。それは提携によりカードが発行されているため、カード会社という枠を超えて、流通会社、メディア、学校、など様々なタイプのカードとなっています。その提携スタイルも様々です。

提携カードの場合は、どの会社が審査を行っているかを知っておくといいでしょう。たとえば、セゾンカードであればVISAやMASTERが付いてきますが、多くはセゾンが審査しています。たとえば、大学カードがある場合、それは大学ではなカード機能を運営している会社、たとえばニコスやセゾンなどが審査を行い大学カードを運営していることになります。ですので、カード発行をどこの会社が主体的に行っているかを理解できれば多少でも審査の理解には役立つと思われます。


以上のように考えていくと現在日本で発行されているカードのタイプは次に集約されます。
ご希望のクレジットカードがどのパターンに属するかをまずは知りましょう。


■独立採算系カード
これは、AMEX、JCB、DINERS、VISA,MASTERなど決済機能を所有するカードのことです。JCB、DINERS、AMEXは今でも自社独自のカードを持っていますが、VISAとMASTERは現在はほとんどが提携でブランドを貸与してカードが発行さっれています。その意味ではVISA、MASTERは世界で最も発行枚数が多くなっています。国際決済機能を持つブランドは現在はこれだけです。ですので、ほとんどの形態のクレジットカードはこれらのどこかしらと提携して国際クレジットカードとして発行します。それが以下のカードです。
 カード発行の審査は当然、この会社自体で行っています。

■銀行系カード
JCBやAMEXももちろん銀行系ですが、それとは異なり各銀行が独自にカードを発行し上記の独立系ブランドと提携しているケースが多くなりました。三井住友VISA、CITIバンクカード、UFJカード、りそなカード、さくらカード、それに加えて全国各銀行のカードまで正に銀行カードは今は多種多彩です。
 カード発行審査は銀行自体が行うことが多いですが、各決済会社の情報も取得することもあります。

■信販系カード
これはニコス、オリコのような元来信販会社であった会社があたります。もちろん、近い業種からの参入ですので、カード運営に関してはノウハウは十分です。提携カードの種類も多いのがこのカードの特徴です。ほとんどがVISAとMASTERとの提携で国際決済機能を持たせています。最近はJCBの決済機能も搭載するカードも増えてきました。
 カード発行の審査は信販会社の金融部門が独自に行うことが多いですが、決済会社の情報も取得しています。

■流通系カード
おそらくカード発行ではこの形態は今は強いでしょう。流通系カードは、多くが年会費無料で店舗で加入できるなどのため加入者が増加しています。セゾン、イオン、高島屋、伊勢丹、など様々なクレジットカードとなって発行されています。ここでもVISAまたはMASTER、JCBなどの決済機能を搭載しているカードとなり国際決済機能を持っています。
 カードの審査は流通会社の金融部門が行うことが多いですが、決済会社の情報も取得します。

■消費者金融系カード
プロミス、アコム、ライフなどの消費者金融会社が上記の国際決済ブランドと提携して発行しているのがこのタイプです。消費者金融自体がキャッシング会社ですので、クレジットカードに進出することはある意味では当然かもしれません。クレジットカードもキャッシング機能がついていますので、どちらも隣同士の業務です。
 カードの審査は消費者金融会社で行うことが多いですが、決済会社の情報も取得しているようです。

■ブランドカード
これは大手企業がブランド力を生かして作るカードです。ソニーカード、ぴあカード、トヨタカード、など日本でも知名度の高いクレジットカードになっています。
 カード発行の審査は、それぞれの会社に金融部門がある場合はそこで行うようですが、そ例外では決済会社の判断も仰ぎながらとなる傾向があります。

以上が日本でクレジットカードが発行されている図式です。
この状態で審査の厳しさという観点だけで言えば、次のようになります。一般論ですので、すべてがこの通りというわけでもなく、口コミなどではこのような傾向があるということです。


A) ダイナース、AMEX

B)銀行系カードゴールド

C)銀行系一般カード

D)信販系カード

D’)流通系カード

E)消費者金融系カード

その他) ブランドカード

以上のような簡単な難易度表になります。ダイナースとアメリカンエキスプレスは年収も相当高くないと取得困難など、最もハードルは高いです。ゴールドカードもそれぞれ難しさは増しますが、特に銀行系になると難しいでしょう。

銀行系でも外資系(CITIなど)のほうがむしろ審査は幅が広いとも言われており、三井住友VISAなどは一般カードでも厳しい部類に入ります。

信販系と流通系では、やや信販系のほうが難しいかもしれませんが、あまり差はないでしょう。セゾンカードなどは割りと難しいほうです。しかし、一般にニコス、オリコ、セゾン、などのカードは取得し安いカードという認識がなされています。それはやはり年会費もおさえてあり、一般大衆に向けたカード発行戦略をとっているからです。ですので、しばしば問い合わせもありますが、アメリカンエキスプレスカードとセゾンアメックスカードではどちらが審査が楽か、ということになると、おそらくはセゾンアメックスのほうが同じ機能を持ちながら審査は楽になると思われます。それはセゾンが主体となって審査する場面が出てくるからです。同じように、ニコスカードとUFJカードも同じようなブランドでカードを出していますが、一般的に考えればニコスで申込むほうが審査は幅ひろいと思われます。

消費者金融系カードでは、ライフやプロミスなどもがありますが、最近で最も人気があるのはライフカードでしょう。これはやはり機能がマイレージやショッピングポイントに大きなメリットがあるためです。なので、今では消費者金融というイメージもかなりなくなりました。審査でいえば、この部類は一番楽でしょう。しかし、ライフカードなどは信販流通系レベルまでの審査基準の可能性もあります。とはいえ、やはりこの部類は比較的楽なほうです。

最後にブランドカードは、各会社により異なりますのでここでは概論としてはまとめられません。ただ、ソニーカード、ヤフーカード、楽天カード、エキサイトカード、NTTカードなど著名なブランドクレジットカードはやはり大量に発行されています。それも年会費無料も多くあります。ですので、一般的には基準レベルは信販系や流通系の審査レベルあたりと考えるのが妥当かもしれません。それ以上厳しければ、年会費無料カードや新規参入カードは発行できないカードになってしまいます。 知る限りでは

審査の方法

では、審査方法はどんなことをするのか?
これに関しては、それこそ会社独自ですので、ここで特定はできません。ただ、一般に申込書で記載することが点検材料となるのは当然ですので、それによって点数をつけられて基準値を出しているようです。

■自己破産者
■過去半年以内に他に申込んで却下された場合
■年収が基準に満たない場合
■仕事を持たない場合(収入が証明できない場合)
■他のカードなどで滞納などを多く記録されている場合
■申込書の記載内容に虚実がある場合

以上がおおまかな項目です。一般的に半年は信用情報が保管されますので、カードを半年以内に申し込んで却下されている場合は、あまりいい情報ではないです。その場合は、よほどそれを打ち消す情報、収入の増加や仕事の改善などのアピールも必要になりやすいでしょう。

そのほか、次の観点は審査基準になるようです。

年収、ローンなどの借入額、仕事の形態、仕事の年月、住まいの形態、住まいの同居人、住まいの年月…などです。
 年収やローンはある程度予想も付くでしょう。仕事は日本の場合は、会社勤めの方が自営業よりも認可されやすい傾向があります。自営業はどうしても存続性を求められますので、どのくらい継続して営業しているかも問われます。最低3年、できれば5年以上の営業がないと割と拒否するカード会社もあります。しかし、ダイナースやAMEXなどはその性質上自営業者が不利になるということもないようです。
 住まいは、まずは申込書の住所にしっかり住んでいるかどうかが問題です。なので、その確認がされます。そして、どのくらい住んでいるか、持ち家か借家か、また同居人はいるか1人暮らしか、なども参考とされます。これは、特に収入の判断というより、そのカード所有者が突然いなくなってしまうことがあるかどうか、を判断するものとも思えます。もし、1人暮らしで借家なら同居人がいて持ち家の人よりも突然夜逃げされてしまってもコンタクト出来ない可能性があるわけです。笑い話のようですが。貸すほうは真剣です。同様に何年住んでいるかは、やはり長く住んでいる人はそれだけコンタクトもとりやすいと判断される傾向にあります。

 年収などは特に証明書をつけているわけでもないので、ある程度申込書の申告額で審査しているように思われます。しかし、会社の規模、勤務年数、業績、ローン状態、住まいの状態などから判断して明らかに申告額と異なると思われる場合などは審査も入る可能性があります。ある程度の誤差以内であれば問題ないようです。

以上は、口コミや業界での話をまとめて簡略化してレポートしたものです。もちろん、各クレジットカード会社ごとに審査は異なりますし基準も設定されるレベルも違います。ですので、ある程度までの参考にしてください。おそらくは審査の内容は機密事項ですので入手は困難です。しかし、このような注意点をある程度把握しておくなら、審査で単に心配している必要もないということです。
 審査は、自分の申し込んだ時期や状態によって頻繁に査定が変わります。ですので、一度審査に落ちたとしてブラックリストにはいった、と思う必要はありません。むしろ、次回にそのどこが悪かったかをある程度このような情報を参考にして改善していけば、審査を通ってカードが発行になるケースはいくらでもあります。

rakuten-myone.gif


楽天のカードローンで2000ptゲット


これは少々角度の違う話ですが、お得な話ですので是非お読みください。
今回は、クレジットカードでも可能なのですが、実はそれよりはるかに安く得するキャッシングカードの話です。

海外でも国内でもキャッシングをクレジットカードで行っている場合ありますか?
つまり、ATMなどでクレジットカードを利用して緊急事態の時に5万円でも50万円でもキャッシングで利用するようなことがある方、これはちょっと耳寄り情報です。


これからカードを利用する予定の方、または全く予定がなくともかまわないのですが、もし2000円簡単にもらえるなら得する話ですよね。それが楽天のキャッシュカードのマイワンでできるのです。それも誰でも2000円もらえるという話です。


どういうことかというと、楽天のキャッシングカード、楽天マイワンに申込すると誰でも申込みだけで2000ポイントもらえるのです。楽天の2000ポイントというのは、楽天市場で2000円分の買い物が出来るということです。ご存知のとおり、楽天市場には食品、衣料品、から旅行などまでほとんどの生活用品があります。そこですぐにこの2000ポイント利用できるということです。なので、2000円もらえるということに等しいのです。


その上、この楽天マイワンの条件は、申込みすれば2000ポイント(2000円相当)がもらえる、ということです。つまり、カードが仮に発行されずに終わったとしても、申込みだけしておけば2000ポイントもらえるということです。これもなかりのメリットです。


この情報はあまりに好評のようですのでクレジットカードの分野でも取り上げるようにしました。というのも、申込んだだけで2000円分、という条件がやはりあまりに好条件で誰でもがメリットになるからです。クレジットカードではここまでの条件は出ないです。通常はカード発行で、となりますので、もし発行が審査で拒否されれば無効です。


マイワンはそれ自体、審査も比較的楽なカードローンで大変好評です。そこに加えて、この条件で2000円分もらえます。申込みを迷う必要もなく、カードもすぐに使う必要もなくすぐにキャッシングしなくともいいのです。いずれ使えばいいだけです。なのですぐに使わなくともこの2000ポイントキャンペーン中に申しこんでおきましょう。やはり得です。


参考までに、楽天のクレジットカードもおなじく2000ポイントもらえますが、こちらは「取得して2000ポイント」ですので、申込みで2000ポイントの楽天マイワンのほうが条件は楽です。 ですが、楽天カードの方もおなじくメリットがありますので、もしまだ手元にないなら申し込みして加入するとこれも2000円分もらえます。クレジットカードの楽天カードで2000ptゲットも同時に申込みするとこれも可能です。


つまり合計4000円分、すぐにもらえるということです!


さて、これだけではなく楽天キャッシングカードのマイワンは、金利が6%台からとなっています。これは到底クレジットカードでは実現できない金利です。つまり、もしお手元のクレジットカードでキャッシングを仮に50万円でも行ったとして支払う金利より、同じ金額をかりて楽天キャッシング専門カードのマイワンを利用して50万円をATMなどで借りた場合、この楽天マイワンのほうが金利まで安いというメリットもありえるのです。


この楽天キャッシングカード「マイワン」は非常に人気があるキャッシングカードですので、使用しないとしても1枚もっていてメリット大です。お薦めします。


尚、楽天キャッシングカードのマイワン、楽天クレジットカードの楽天カードともに年会費は永年無料です。









人気ブログランキングへ




楽天カードはショッピングポイントの最速生産工場



楽天カードの優れた部分については、すでに前にも記述しています。
それは海外旅行傷害保険が最大2000万円までの自動付帯であり、その上年会費無料であること。そして、加入するだけで2000円分のポイントがもれなくもらえること。それらは大きな魅力となっており、楽天カードは大ヒットカードに成長しました。

それに加えて、ここではいかに楽天カードがポイントに強いか、つまりどれだけ早く商品購入やサービスなどと交換できるかという点に注目したいと思います。ポイントが貯まるということは、楽天市場で海外旅行も購入できる上、航空券も購入可能。そして楽天カードで貯まったポイントはマイレージ交換もできるのです。その上、このポイントが恐ろしい勢いでたまるカードが楽天カードなのです。

どのカードよりも早く海外旅行や航空券が交換できる可能性すらあります。

まず、ポイントという概念についてはおそらくほとんどの人がご存知とは思います。ただ、割と知られていないのが、そのポイント還元率です。なぜかというと、むずかしくて面倒なのです。わざわざ計算していくら貯まるとか、考えているよりも素直に使っていたらいずれポイントも貯まるし何かしら交換できるならそれも得だ。そんな、考え方でご利用の人がほとんどです。もちろん、それでもメリットは出ていますので、特に大きな問題はないでしょう。しかし、もし現状よりも10倍や20倍得するポイントがもらえる、となったら考え方は変わりませんか?


通常、クレジットカードのポイントは1000円利用で1ポイントもらえることが多いです。それがアベレージと考えていいでしょう。そしてポイントで大きなメリットを持っているオリコプティやニコスビアソカードなども素晴らしいカードですが、最大で3倍程度、ニコスビアソがネットショッピングで最大10倍までのポイント獲得率を出していますが、これもある一定のネットショッピングを利用した場合です。とはいえ、このニコスのポイントは極度に優れものです。もし、ニコスビアソを持っていないなら、やはりこれはお勧めカードナンバーワンでしょう。

しかし、そのニコスビアソカードと同等、あるいはそれをも上回るカードが楽天カードともいえるのです。
楽天市場をひんぱに使う人ならば楽天カードで利用しているほうがメリットあるケースが増えます。一般にニコスビアソがトータルポイント獲得では強い場合があっても、楽天が出すメリットは楽天カードのほうがメリットが広がるからです。

楽天カードは、まず最初に加入するだけで2000ポイントもらえます。これは、ほとんどの生活で利用する商品やサービスをそろえている楽天市場で2000円分がすぐに無料で利用できるという意味です。つまり2000円加入したら誰でももらえるという意味と等しいです。


そして、そのポイントは楽天カードでは通常100円で1ポイントです。つまり、楽天カードでどこで買い物しても通常ですでに一般クレジットカードの10倍のポイントをくれるのです。それが、もしこの楽天カードを利用して楽天市場で買い物を続けると、なんとポイントが2倍になるのです。2倍ということは、100円で2ポイント。つまり、一般カードで利用しているほかの買い物よりも、楽天で楽天カードを利用して買い物をすると20倍のポイントが付くのです。

その上、楽天カードを持っていると様々なキャンペーンがあるたびに楽天カードの利用でさらに数倍のポイントが付いてくることが本当に頻繁におきます。ここまでくると、ポイントが貯まるのが楽しくて仕方なくなります。実際に、利用するとわかりますが、楽天市場ではほとんどの生活用品は安く揃います。そしてポイントがどんどんたまります。なので、楽天カードはどんどん活躍してくれます。

その上まだあります。数多くの楽天のポイント加盟店でカードを利用すると、3倍のポイント・つまり100円で3ポイントがたまります。凄い勢いです。

さらにあまり知られていませんが、貯まったポイントはANAのマイレージにも交換できるのです。それも2ポイント(200円相当)で1マイルです。これも高い交換率ですので、マイレージ族なら持っていたほうがいいでしょう。無料カードは利点があるなら取得しておくべきです。それだけ、所有しているだけで単に得していくからです。

そのくらい楽天のポイントは凄いのです。なので、あれだけ楽天ではリピーターが増加し、常に世界でトップを争うネットショッピングが成立しているともいえます。とにかく使うほどにしっかりカード所有者が得していくからです。得するなら誰でも使いますよね。これが楽天カードなのです。

そして、楽天カードは年会費永年無料です。
海外旅行傷害保険も最大2000万円までの付帯で、これも無料カードでは最大です。

最後に、念押しすると、
●年会費無料でこのメリットです。
●取得してもなんらコストもかからず、なんらリスクもありません。
もしまだ所有していないなら、この楽天カードだけは誰でもが取っておいてもいいクレジットカードと思います。そのくらいお薦めできます。ノーリスクでこれだけメリットがあるカードですので、今利用していなくとも将来何らかの利用がある可能性が高いです。ネットショッピングが全盛となるこれからの時代、楽天カードはネット利用者の必須カードともいえそうな位のメリットカードです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。