年会費無料クレジットカードからマイレージまで海外旅行のメリットカードとホテル割引予約情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年会費無料のカードで海外旅行傷害保険付き、どのカードがいいか? 今は年会費無料のクレジットーカードが多数出ています。その中で、海外旅行フリークに興味があるとすればやはり「年会費無料で海外旅行傷害保険付きのクレジットカード」となるでしょう。


なんといっても、これだけで旅行保険代金が浮くわけです。もし自分で払えば、最低でも1回1万円程度支払わないとならない海外旅行保険をもう払わないでいいわけですので、なぜに取得しない理由があるのか?そんな理由ないです。


もし、すでに保険付きのカードを持っていればそれでOKですが、まだであればどれがいいでしょか。


一番人気はNICOS VIASOカードでしょう。2000万円まで自動付帯で海外での買い物でもポイントはたまる、いいカードで特に女性の人気は高いです。同じブランドでUFJも出していますが、おそらくニコスのほうが取得は楽でしょう。


次はオリコアプティカード。これも人気です。ポイントがたまるのが尋常じゃなく早いです。年会費は1度でも利用すれば無料のままですので、ほとんど無料と同じです。それでいてやはり2000万円までの海外旅行傷害保険つきですので、これもニコスビアソカードと並び旅行ファンの間では相当申請者の多いクレジットカードです。


さて、ちょっと番外ながらやはり人気が、シティ クリアカードです。これは1000万円までの保険しかないのですが、なにせ世界トップブランドのCITIカードが無料で手に入ってその上、保険自動付帯です。これも、かなりのヒット中で海外旅行ファンの大人気カードとなっています。


最後に、ライフカードですが、これは初年度だけ年会費無料ですのでご注意ください。しかし、ユニークですので取り上げます。 なにがユニークかというと、2000万円の旅行保険以外に、マイルがたまるカードとしてファンの間でかなり有名なクレジットカードなのです。ANA提携のマイルがたまりますので、スターアライアンスでかなりの旅行地にマイルでいけるようになります。こちらの記事でもそれについては書いてありますのでご参照ください。


このあたりが今の海外旅行ファンには人気のカードです。もちろん、海外旅行ファン以外にどの程度アピールしているかどうかは不明ですが、少なくとも私の周りのフリークの間では全員がどれかしら、または数枚のカードをうまく使い分けています。


これに関しては、いい時代になったものです。





人気ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト

ミルフォードサウンド オーストラリアとニュージーランドはホテルアクセスが強い オーストラリアとニュージーランドは結構な回数旅に出ました。ほとんどは、経済的な旅を目指していたので、安さの追求はやはり自分でしっかり予約すること。


航空券空丸もOKでした。他には時間をかけて旅するのもいいなら、シンガポール航空あたりで経由していくと、安いチケットもみつかります。ただ、本当に時間だけはかかりますが。芯がポーリ航空はそれでも快適なエアラインなので、空の旅が好きな人はそれでも大丈夫でしょう。


ホテルは圧倒的にホテルアクセスが強いです。オーストラリアとニュージーランドは割りと世界では先進国から遠く、ホテルもどんなものがあるかもしられていない国でもあります。ですが、この予約サイトの本部はオーストラリアですので、その意味ではいいホテルをかなり安く出してきます。


オーストラリアはすでに多くの日本人がいきますが、ニュージーランドはまだまだ年間15万人程度の旅行客数です。あまりまだ知られていないところも多いです。しかし、人によってはオーストラリアよりニュージーランドの方が好きな人もかなり多いです。自然のパターンがまったく異なっていて、とにかく美しい国なのです。 ミルフォードサウンドなどは、一生のうち一度は見ておきたい場所でもありますね。スケール感が違います。おそらくこれに匹敵するのはカナダのカナディアンロッキー程度しかないのでは???





人気ブログランキングに参加しています
OMC・ジユーダカードJiyuda Card・海外旅行に使える? コンビニ生活を更に充実させるOMCのJiyu!da!カード 。それがこのカードのテーマですがなぜ海外旅行に関係があるか?


あるのです。次の文句をご覧ください。 「Jiyu!da!カードなら、ショッピングご利用代金のお支払いは今までのカードのように「翌月1回払い」ではありません。 いつでもお好きなときに、お好きな金額を「よゆう払い」にてお支払いいただけます。また、毎月のショッピングお支払い金額「月々払い」も自由に設定いただけます」


これはこのジユーダカードの特徴を宣伝する文句ですが、要するに、先に買い物してあとでいつ支払ってもいい、というカード。これって極めて海外旅行のショッピングフリーク、買い物族には便利なカードです。支払額も支払方法も自由に決めるカード…それがこのカード、ジユーダ、です。凄いことです。


その上、海外でのショッピングはポイントがなんと3倍になって付きます。つまり、買い物してポイントは3倍で付いて、その上、支払いは後付で給料が出てからでOK。ですので、海外旅行に行くために「貯金」をしていくのではなく、「どんどん行ってから払う」スタイルに転換できるということです。これって海外旅行フリークの心を揺さぶります。


もちろん年会費は無料、永年無料です。 そして、国内でも様々な多数特典が付いています。OMCのJiyu!da!カード は海外でも国内でも損しない、いや、得するカードです。そして無料です。


このカードに加えて海外旅行傷害保険付きの無料クレジットカードを取得するなら、すべて無料で海外旅行に備えることができる、そんな時代になりました。






人気ブログランキングに参加しています

アメリカをレンタカーで旅する アメリカでレンタカーの旅をする楽しみは一度やると病みつきになります。 LAやサンフランシスコなどの街を車で乗り継いでいくと、アメリカの古きよき姿、大自然の姿を見ながらの旅となり、それはもう快適です。これはヨーロッパやオセアニアなどでも体験できないアメリカならではの楽しみがあると思います。


グランドキャニオンやヨセミテなどの大型の国立公園を車で旅して回る楽しみは夏場の旅などになるとキャンプ場も満杯でもう快適そのものです。


アメリカは「いかず嫌い」の人も多い国ですが、でも、私のようなアメリカファンから言うと今でも夢溢れる心躍る要素の多い、一大エンターテイメントとチャンスの国だったりします。


そこを車で走っていく快適さはなにものにもかえがたいです。


レンタカーをアメリカやハワイで借りるなら、大手で一番安くキャンペーンが多いのがダラーレンタカーです。調べてみるとマイレージがついて得したり、手持ちのマイレージカードしだいでさらにディスカウントがついたりで安いです。その上、大手の安心感もあり、ハワイなどでは常にダラーはカウンターが一番利用者で混雑しています。






人気ブログランキングに参加しています
ヨーロッパホテル予約で役立つホテルウェブリザベーション 最近はアメリカ方面に出かけることが少なくなりました。特に理由はないですが、大好きなアメリカも行かない、ハワイも行かない、という日々が続くのはちょっと自分でも不思議です。かつては無理してでも、借金してでも出かけてましたので、それが今はオセアニアやヨーロッパに多少目が向いています。しかし、おそらく心の中では今でもアメリカへの憧れや楽しさの実現は、考えるだけでも心躍るものですので、いずれまたアメリカに身は向かうのでしょう。


最近、イギリスにでかけました。 その際、役立ったのがホテルウェブリザベーションです。このサイト、ヨーロッパのホテルは想像を超える安さで出ているものがあります。大型でも一流ホテルでも、小さなエコノミー型ホテルであっても、安さと紹介されている情報量、物件量は目を見張ります。


ホテルはいまや個人旅行ではオンライン予約がいかに安いかもわかってきた時代ですが、その中でもヨーロッパならばこのサイトは使えるでしょう。


細かくは追ってレポートしていきます。





人気ブログランキングに参加しています
てるみくらぶ/テルミクラブは近場の海外旅行に強い 近場の海外旅行、ハワイ、グアム、サイパン、タイ、韓国、台湾、シンガポール、ベトナム、そして遠くはヨーロッパまで、結構役に立つのが格安旅行てるみくらぶです。どんな役にたつか?


もちろん、このブログでは個人旅行を奨励中ですので(?)あまり団体旅行やパックツアーは私も知らないです。しかし、このてるみくらぶ(てるみクラブ)は、そんな自分でもウェブサイトを見てみると「安いではないか!」、と思ってしまいます。近場なら、下手に自分でエアーやホテルを手配しなくても、時と場合によっては安い出来上がったツアーを購入したほうが激安のこともありえるわけです。


実際に、この会社のウェブサイトでは期間限定ですがハワイ3万円台~、グアム2万円台~、なんていった途方もない値段のツアーが出ていることがしばしばです。


ですので、あまり費用をかけないことを最優先して期間や内容はある程度目をつぶるなら、このような激安ツアーは利用価値もあります。もちろん、激安ツアーだけでもなく様々なツアーがあるようですので、アジア、ハワイ、ヨーリッパあたりをターゲットにするなら参考になるサイトであると思います。





人気ブログランキングに参加しています
空丸は使い始めるとメリットがわかる? 海外旅行でパックツアーを利用するならこの情報はいらないでしょう。けれど、これをお読みの方はおそらくご自分で旅行を作っていく方でしょうから、航空券の情報もあってもいいかもしれませんね。


私自身、旅行は航空券も昔はHISやJTBの一本やりで買ってましたので、決めている会社があるならそれも変更する必要はないでしょう。ただ、あまり決めていない状態で今後も海外旅行を続けるなら空丸(そらまる)の航空券購入サイトは一度見て置かれてもいいかもしれません。


この空丸の航空券サイトは、使うほどにポイントがたまり、結構リピートし始めるとマイレージに交換できたりで、旅の楽しみが倍になります。飛行機に乗ってマイル、利用してポイントがマイル、それに手元にマイレージ加算のクレジットカードでもあればそれで支払ってまたマイル加算…。


これはじまると、結構たのしくなりますので使いすぎにご注意ください…?





人気ブログランキングに参加しています
TS ツーリストサービスの旅行お土産宅配 昨日のレポートでおつたえした海外旅行お土産宅配サービスのもうひとつで、TSツーリストサービスという会社があります。これも、かなりの商品数です。もちろん、それぞれの会社でいい商品やあまり面白くないものもありますが、こちらも海外旅行の人気の国から結構マイナーな国までのお土産アイテムはほとんど揃います。


大手の旅行会社である近畿日本ツーリストが行っている 海外おみやげウェブショップ ですので、おそらく旅行者のほしい商品はほとんど心得ているのでしょう。


やはり見ていて楽しいものです。そして、出発前にオーダーして、帰国時には旅先で見たような同じ商品が自宅に届いてきます。それを配るだけで「お土産行事」はなんとか終了できます。


さすがに、日本人ですのでお土産待ちの親類はいつもいます。なので、このようなサービスがあると、海外でお土産購入のためにいちいち時間を割かれなくてもすみます。うまく使うと、旅ももっと有効に楽しめるようになりますね。





人気ブログランキングに参加しています
ギフトランドGiftland・海外旅行お土産宅配 ギフトランドGIFTLANDという会社、私はよく使います。何故かというと、ひっそりと海外旅行を楽しむときは不要なのですが、仕事でとなると、帰国をまってお土産配りがはじまるからです。日本のこの習慣はどうもいまだに終わろうとしていません。


しかし、旅先でお土産探しや買い物をしている時間もなく、仮に買ったとしても、大量のお土産を持ちかえる作業はもう実はうんざりしています。


なので、このギフトランドが役立つことになります。


出発前にオーダーしておいて、帰国にあわせてお土産を自宅に宅配サービスしてもらえるのがこの会社です。ラインナップも大抵の国のお土産アイテムは揃っているので、現地で購入するものと同じものが日本で出発前に注文できます。そして、帰国したら送られてきた商品を配るというわけです。


正直、あまり旅の醍醐味はないのかもしれませんが、それでも、ある意味では儀礼的な習慣でもあるので、これでも相手には十分喜ばれます。そして、スーツケース一杯になった荷物を重たい気持ちで持ち帰る必要もなくなります。


ギフトランドには、世界のそして日本国内旅行でもつかえるお土産がリストアップされていますので、もし私と同じ境遇の人は利用すると便利でしょう。


もし、見つからなければ同じサービスを近畿日本ツーリストが行っている 海外おみやげウェブショップ をみてみるといいでしょう。こちらもたくさん商品が出てきます。





人気ブログランキングに参加しています
家族全員ゴールドカード、ニコスプレミオカード


年会費はわずか3150円で、家族カードは何枚でも無料。そして、 海外旅行傷害保険が最大3000万円付帯。ニコスプレミオカードはゴールド(金色のカード)では、最も安い年会費でありながら、海外旅行ファミリーの経費を最も安くしてくれます。


これ以外に、空港ラウンジ利用OK,ショッピングパートナー保険付帯など、海外旅行で必要と思われる主なサービスはちゃんと付いています。


もちろん、ここまで必要ない人は、無料カードでそろえる手は十分ありますが、もし、ステータスカードでそれも安く最大限の効果で終わるためには、このニコスプレミオカードは検討に値します。


詳しくはNICOS PREMIO(ニコスプレミオ)のホームぺージでご覧ください。


また、プレミオカードはUFJブランドでも発行できますが、家族会員は1名まで無料だったりで、ニコスのほうがお得と思われます。こちらもホームページ、UFJ「PREMIO(プレミオ)からご覧いただけます。





人気ブログランキングへ


UC GOLD CARD ユーシーゴールドカードはハワイファンも好き?


UCカードのゴールドカードは、ハワイファンも気に入るかもしれません。 いまさらゴールドカードなど不要、とお考えの方、特にハワイファンには割と隠れた話です。


まず、このUCカードのゴールドカードは、年会費が10500円で家族会員もすべて無料となります。それって、最後には相当安くつきます。その上、その年会費で、家族カードホルダーも全てが海外旅行傷害保険に自動加入となります。つまり、よくある旅行代金はカードで支払え、という面倒な条件もなく、家族カードにも保険付帯、その上、 19歳未満の家族カードをもっていない家族にも、なんと、「家族特約サービス」も付帯されています。つまり、10500円の年会費で家族全員の海外旅行保険がほとんどカバーされてしまうのです。


最高額は5000万円までですので、結構これで十分だったりします。


そのほか、ハワイファンにはたまらないのが、ホノルル空港の「ゴールド会員専用空港ラウンジ」を無料で利用でき、国内主要空港も同様となります。


海外旅行出発前に旅行先の情報提供、ホテル・レストランの予約、各種チケットの手配をフリーダイヤルでも聞いてくれます。


電話での医療相談や 育児相談も可能など、このUCゴールドカードは結構馬鹿に出来ない機能があり、それも旅行ファンには特にアピールしてきます。


これで10500円の会費なら、まあ、考え方次第では安いです。詳しくは、ホームページ「UCカードゴールド」を参照ください。


ただ、これより安いゴールドカードとなりますと、SBIゴールドカードの年会費5250円というのがありますが、これは家族は1名だけカード無料でOKですが、海外旅行保険は例のように旅行代金をカードで支払った場合だけ適用となります。


案外UCのほうがいいかもしれませんね。




ベネレ(ベーネレvenere)という名前は海外旅行ファンの間でもまださほど有名ではないかもしれない(今日現在は)。

ベネレ(ベーネレ)は、イタリア生まれのオンラインホテル予約サイトの名前で、実はヨーロッパ旅行をする人の間では(特に外国人の間では)結構使われている。イタリア生まれのこともあって、イタリアのホテルなどは何とサイトを見ると1000軒以上も紹介されていて、なにを予約するか迷うほどの分量。

おなじくヨーロッパの国々は結厚く紹介されていて、このエリアに旅する人は利用価値はあるかもしれない。いや、利用できるでしょう。予約サイトはこちら

ただ、今のところ予約は日本語画面で可能なのだが、問題は問い合わせなどはすべて英語でしか受け付けていない。よって、英語でコミュニケーションしないとならないところは、覚悟の上となること。

同じヨーロッパに強い予約サイトだと、ホテルウェブリザベーションブッキングドットコムホテルクラブがあるけれど、おそらく利用の簡単さや人気度でいえば、この3つのほうがいまだベネレよりは上でしょう。。しかし、ベネレにしかないホテルなどもまれに中にはあるので、どうしてもいろいろと追求したいときなどはベネレを試してみてもOKと思います。

私自身も使ったことはありますが、大きな問題はありませんでした。感想としては今のところ、総じてヨーロッパならホテルウェブリザベーションかブッキングドットコム、さらにホテルクラブのほうが総じて使いやすさと安心はあります。その意味ではベネレ(ベーネレ)は、穴場のサイトともいえますし、今後期待したいサイトです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。