東急TOPカード

ここでは、「東急TOPカード」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    


百貨店・ハンズ・ホテルなどの東急グループ各施設、それにマイルでも便利な1枚


東急グループで買い物、ホテル、旅など様々な利用をするひとならば1枚は持っていてもいいカードでしょう。近くに東急があったりするとさらに毎日ポイントがたまります。一般カードは年会費は無料でありながら、東急カードもセゾンやイオンなどの競合に負けない実力あるカードを出してきました。

1)海外旅行に関してのメリット

●海外旅行傷害保険付帯(国内もOK)が最大1000万円から5000万円(ゴールドカード)まで
●JALマイルがポイント交換でき、通常は1000ポイントでJAL300マイル。TOP&ClubQ JMBカードならば、2000ポイントで1000マイルと高率なマイルカードとなる
●PASMOカードで毎日の電車移動がカード決済になる

旅行・移動でのメリットはこのようなポイントになりますが、JMBと一体化したカード「TOP&ClubQ JMBカード」を利用するなら年間ポイント移行手数料は1050円かかりますが、それでも2000ポイントで1000マイルとなればよい換算率でしょう。

ただ、正直に言えばこれが今あるカードの中でトップとも言い切れませんのでJMBでJALマイルを貯めようという方は、JALマイルのためのカードを比較しておくほうがいいでしょう。あくまでマイルを貯める目的であるなら、他にさらに協力なニコス&UFJプレミオのようなカードもあれば、本家のJALカードもやはり強いでしょう。

しかし、もしこのTOKYUカードをサブカード的に買い物に合わせて利用していくなどするなら、東急でのメリットも利用しながらさらにJALのマイルも貯めていくことができるという点は優れているともいえます。


2)海外旅行以外でのメリット


おそらくは利用し方にもよりますが、多くは東急での買い物など東急関連からみの利用が一番大きなメリットとなるでしょう。また、インターネットショッピングでも楽天やヤフーとの提携もありますので、ネット利用でのポイント収集にも幅ひろい利用方法はありそうです。もちろん、楽天カードやヤフーカードそのものには負けますし、ネットショッピング最強といわれるニコスビアソカードにもショッピングメリットとしては負けるでしょう。こちらの東急カードは年会費無料の一般カードで500円で1ポイントが基本ですが、同じく年会費無料のニコスビアソは基本で100円につき1ポイントたまりそれ以外にもボーナスポイントが勢いよく加算されます。ポイントの貯まる還元率がニコスビアソは極端に高いですので、現在ではほぼ年会費無料カードでビアソカードにポイントで勝るカードはまずないでしょう。東急TOPカードをはじめ他の年会費無料カードは、複合的にどうやって勝負するか、というレベルと思ったほうがいいです。

しかし、このTOKYUカードのよいところは生活の中でネットだけにかかわらずメリットが得られるということです。前述のマイルにしても、マイルだけなら他にメリットの大きなカードもありますが、TOKYUカードはマイル、ネットショッピング、それに生活で利用する様々な場面でカードが身近に生きてきます。ここがTOKYU TOP CARD の最大の強みでしょう。しかし、近くに東急関連の施設やショッピング関連がないなどの場合は、メリットも減りますので他にもカードをよく比較してみることもいいと思います。



3)どのTOKYU CARD がいいか?


この段階でもしカードを選ぶとなると次のカードがいいでしょう。

●東急TOP& 一般カード (年会費無料)
●TOP CLUB Q CARD  (年会費初年度無料、2年目から525円)
●TOP CLUB Q JMB CARD(年会費初年度無料、2年目から1050円)
●TOP CLUB Q JMB CARD PASMO(年会費初年度無料、2年目から1050円)


この中では東急TOP& 一般カードだけが年会費無料ですが、それ以外は初年度無料で2年目からはそれぞれ525円または1050円がかかります。

上記に説明のとおり、TOKYUカードは細かな生活でのメリットを積み重ねるようにメリットをだしていますので、これらのカードの詳細はTokyu Card ウェブサイトでご覧いただくほうが確実です。ニコスビアソカードやJCBビアッジョのような大きな柱となるメリットがあるというよりも、細かなメリット狙いのサブカードとしては相当使い道はありそうです。
カード詳細確認東急グループTOP&カード


提携カードラインナップ


TOKYU TOPカードのユニークなところでは、提携カードがこれも生活に細かく密着して発行されています。それぞれがコミュニティ密着型のカードですので、自分の生活圏にこれらの施設や情報がなければ意味をなしません。しかし、これらを利用する機会にある方は、取得して利用するとさらに密着したサービスが可能となります。その意味ではTOKYUカードの戦略はあまり他が手を出さないニッチな分野ともいえますが、その分愛着あるファンを多く抱えているというのも実に納得がいくカード構成となっています。




●東急ホテルズコンフォートメンバーズ/TOP&カード
東急ホテルズでビジネスも旅行もおトク



●プラザプラスカード/TOP&カード
東急プラザ(渋谷・蒲田)のお買物でポイント付与率アップ



●TOP-PRIDE/TOP&カード
物件の仲介手数料や事務手数料が割引



●グランベリーモールカード/TOP&カード
グランベリーモールに行くならこの一枚



●Bunkamuraチケットメイト/TOP&カード
チケットの先行予約もポイントも 充実


これらのカードの詳細はTokyu Card ウェブサイトでご覧ください。

カード詳細確認東急グループTOP&カード






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。